単声書簡

個人という灯台から

空は 屋根の向こう Le ciel est, par-dessus le toit

  Le ciel est, par-dessus le toit,
      Si bleu, si calme !
  Un arbre, par-dessus le toit,
      Berce sa palme.

 

  La cloche, dans le ciel qu'on voit,
      Doucement tinte.
  Un oiseau sur l'arbre qu'on voit
      Chante sa plainte.

 

  Mon Dieu, mon Dieu, la vie est là
      Simple et tranquille.
  Cette paisible rumeur-là
      Vient de la ville.

 

  Qu'as-tu fait, ô toi que voilà
      Pleurant sans cesse,
  Dis, qu'as-tu fait, toi que voilà,
      De ta jeunesse ?


〈訳詩〉

  空は  屋根の向こう
      あんなに青く  あんなに静か
  棕櫚の木は  屋根の向こう
      その葉を揺らす

 

  鐘は  空のなか
      やさしく響き
  鳥は  梢のなか
      嘆きを歌う

 

  神さま  神さま  人生はそこに
      つつましい 静かな人生はそこにある
  あの穏やかな喧騒は
      都会のなかから聞こえてくる

 

  何をしてきた  こんなところで
      お前は絶えず泣きつづけて
  さあ言え  お前は  何をしてきた
      お前の青春は何だったのだ

 

Paul Verlanie  ポール・ヴェルレーヌ

 

------------------------------

恋人ランボーをピストルで撃ち、獄中でカトリックに帰依したヴェルレーヌ
収監中に書かれた詩集〈叡智 Sagesse〉に収められた一篇。

 

棕櫚は牢屋から見えたのだろうか。
キリストの受難直前、人々は棕櫚の葉を振ってエルサレムに入城するキリストを迎えたという。
喜ばしく迎え入れたかと思うと、手のひらを返すように彼を十字架にかけた。
その罪を覚えるという意味で、カトリックには「枝の主日」と呼ばれる記念日がある。
棕櫚の葉は殉教のシンボルである。

 

群衆のなかにこそ孤独があるというが、街のなかにこそ静けさがあるのだろうか。
空や街には自由がある。世の中から隔絶された部屋の小さな窓から、鳥の歌、都会の騒めき、そういった“自由の声”が聞こえてくるのだと思うと哀しい。
ヴェルレーヌは傷つけ傷つき、自分の不幸せな性分を嘆きながら、それでもどこかで人生を愛していたはずだから。


この詩は、フォーレを始め、セヴラック、ブリテンなど様々な作曲家が歌曲にしているが、本ページではレイナルド・アーン(Reynaldo Hahn)の傑作〈牢獄にて D'une prison〉を挙げておく。

 

https://youtu.be/GPcvgs-Qr3g

長調なのに、むしろ長調だからなおさら哀しいという曲の好例。
アーンはこの曲を17歳で書いているというのだから驚く。鐘の鳴り渡る静かな情景から、mon Dieu,と呼びかける直前の沈黙で、心と鐘の高鳴りがシンクロするところは秀逸。

ロジェ×束芋

2017年7月6日13時、浜離宮朝日ホールにて。

―プログラム―

ドビュッシー
「版画」より
パゴダ
前奏曲集・第1巻」より

野を渡る風
亜麻色の髪の乙女
沈める寺

サティ:
グノシエンヌ 第5番

ラヴェル
「鏡」より
悲しい鳥たち

ドビュッシー
「映像・第2巻」より
そして月は荒れた寺院に落ちる
金色の魚
「ベルガマスク組曲」より
月の光

吉松隆
「プレイアデス舞曲集・第1巻」より
水によせる間奏曲
「プレイアデス舞曲集・第6巻」より
小さな春への前奏曲

サティ:
グノシエンヌ 第2番

吉松隆
「プレイアデス舞曲集・第6巻」より
けだるい夏へのロマンス
「プレイアデス舞曲集・第4巻」より
間奏曲の記憶
「プレイアデス舞曲集・第5巻」より
真夜中のノエル
「プレイアデス舞曲集・第7巻」より
静止した夢のパヴァーヌ

サティ:
ジムノペディ 第1番

ドビュッシー
「版画」より
雨の庭




予定不調和の魅力

 

 

パスカル・ロジェのピアノと、束芋の映像。

重なるように、また擦れ違うように、共に流れ、交差する美。

 

ロジェのピアノは、手堅く隙がない。

凄まじい集中力だった。

彼のピアノには、良い意味で我がなかった。俺はこの解釈を聴衆(社会)に投げかけるんだ!というような類の。ひたすらに作曲家の描いた色を積み重ね、建築するような、匠の響きだった。
すでに何度も日本に来ているロジェ。ドビュッシー「そして月は荒れた寺院に落ちる」では、残響のなかから笙のような音が伸びるように聴こえ、はっとした。
そして絶品の「月の光」。

曲の最後のハーモニーが天の弧さながらに円く響き、消える瞬間まで、味わい深い演奏。
ロジェが日本人ピアニスト、日本人のピアノ学習者に与えた影響は絶大だろう。
彼のピアニズムに似せたようなドビュッシーの演奏を、国内で何度か聴いた覚えがある。

 

一方の束芋のアニメーションには、線の太い生命力があった。

他の作品を見ても思うが、束芋氏の作品は外国人が好みそうなジャポニズムだけではない、また日本人が好きそうな儚げな風景画でもない、一人のアーティストとしての血の濃い個を感じる。

 

音楽を聴いて視覚的なイメージを抱く人にとっては、映像が自分のイメージをさえぎってしまうことがあるだろう。

賛否両論あるとしたら、そこだろうか。

それはある程度予想していたことで、それでもなお自分も目を閉じてしまった曲が幾度かあった。

自分の色聴と、映像の色がまったく違う時。

また、ドビュッシーラヴェルの音楽において水のイメージはつきものだが、映像の方の水の描写がいかにもアニメ的(崖の上のポニョっぽかった)で、自分のものと感覚的に違うなという時など。

 

ドビュッシーが、「前奏曲集」の各タイトルを楽譜の終わりに書いたことはよく知られている。タイトルでイメージを固定させず、受け手に委ねるためだろう。映像があることで、“音楽から委ねられる感覚”が失せたのは残念だった。あの世界は、ふたりのアーティストの、ひとつのイメージの提案だった。

 

それでも雨の庭で「もう森へは行かない」の旋律が出てきた時、

「悲しい鳥たち」の森の映像が再び現れた瞬間には引き込まれた。

プログラムというのは、名曲の断片的な紹介ではなく、繋がったひとつの世界だと感じた。

 

コンサートではなく、インスタレーションでもない、ふたつでひとつの世界観という新しい試みは、聴きたいものを聴きにいく、観たいものを観にいくのとは違う面白味があった。

芸術家は可能性を探しに、聴衆は驚きを見つけに、古きものへの、新しきものへの探求は、今後も続いていくはずだ。

Man of war (Radiohead)

Man of war

 

Drift all you like from ocean to ocean
Search the whole world
But drunken confessions and hijacked affairs
Will just make you more alone


When you come home I’ll bake you a cake
Made of all their eyes
I wish you could see me dressed for the kill

 

You’re my man of war
You’re my man of war
Yeah, the worms will come for you, big boots
Yeah, yeah, yeah

 

So unplug the phones, stop all the taps
It all comes flooding back
To poison clouds and poisoned dwarves

 

You’re my man of war
You’re my man of war
Yeah, the worms will come for you, big boots
Yeah, the worms will come for you, big boots
For you, big boots

 


〈歌詞和訳〉

 

 Man of war

 

海から海へ 漂流するみたいに

世界のすべてを検索すればいい
酔って自白して  乗っ取り事件を起こしても
あなたは孤独になるだけだけど

 

帰ってきたらケーキを焼くわ
あいつらの眼球で作るの
殺戮のために着飾った私を見てよね

 

あなたは私の戦士
あなたは私の戦士
そう、虫けらどもがやってくる、大きなブーツを履いて

そう、そう、そう

 

だから電話回線を止めて  電源を落として
またあいつらが湧いてくる
毒の雲と 毒されたドワーフ(小人)たちが

 

あなたは私の戦士
あなたは私の戦士
そう、虫けらどもがやってくる、大きなブーツを履いて
そう、虫けらどもがやってくる、大きなブーツを履いて
あなたのために  大きなブーツで

 

------------------------------

Radioheadが新たなPVを発表した。

https://youtu.be/DXP1KdZX4io

 

wormsと聞いて思い浮かべるのはコンピュータウイルスのワームだろうか。

おそらくその意味もあり、或いは虫けらのような連中、という意味もあり得る。

drunkenはDriftにかかっているのか、酒に酔っているとも、ネット住民の意見の波に船酔いしているともとれる。その酔いにまかせて暴露(いわゆる“バカッター”的な)をしても、ハイジャックのようなSNSの乗っ取り(いわゆる“今忙しい?”的な)をしても、結局人が離れていくだけだ。

poison cloud and poisoned dwarves

という行は、インターネットのクラウドサービスに冒された人間たちへの揶揄もあるだろう。

 

軍靴の音が聞こえる、という言い回しがあるが、bootsも戦争(war)を想起させる単語である。

この曲は2007年に発表された当時より、 〈Big boots〉という題名で知られていた。

〈Man of war〉という題は、よりダイレクトに、戦争の巻き起こる今日の世相を映している。

Man of warは古語で軍艦を指すため、ocean to oceanとかけて、ネット上の漂流船、といった意味もあるだろう。

現実の戦争と、ネット上で“戦争ごっこ”をしている人たち。しかし後者はただの遊びだろうか。

ネットゲームの戦いもそう。虚構の戦場のはずが、いつの間にか人の心身を蝕んでゆく。

一滴も血を流さず、しかし確実に人を傷つけている戦いが、インターネットの海上で続いている。OK computerが発表されて、10年の歳月を経てもなお。 

 

 

Overnight (Parcels)

Overnight


Go back I want
So bad to hold you back
It’s all offset and on
Foreign be gone
I was there 'cause I won again
The reason for no more over now

The minute I was thinking to hold you back
The moment I was wishing it’s overnight

Slow down, never
I know now, I know better
I need it more than ever
Go back under
Hold down, I found on the track
It’s all offset and I’m over now


The minute I was thinking to hold you back
The moment I was wishing it’s overnight
It’s overnight


〈歌詞和訳〉

オーバーナイト


戻りたい
めちゃくちゃ君を引き止めたい
全部チャラにした
外国なんてどっかにいった
勝ちたくて俺もそこにいたけど
これがもうおしまいにする理由(わけ)

ほんの一瞬思った 君を引き止めたいって
ほんのしばらく思った 一晩じゅう引き止めたいって

スピードを落とすな 絶対に
俺は知ってる よく知ってる
それが何より俺に要ること
押さえつけることで
うまくやってきたけど
それも全部チャラ 俺は終わりだ

ほんの一瞬思った 君を引き止めたいって
ほんのしばらく思った 一晩じゅう引き止めたいって
そんな一夜


------------------------------
パーセルズ(Parcels)は、オーストラリア出身、ベルリンを拠点に活躍するバンド。

f:id:EnakCarsage:20170623141916j:plain


メンバーは全員19歳という若さ。見た目は70'sっぽくてカッコイイ。
そして音楽も古さがありながら、洗練されているのが特徴。


Parcels ~ Overnight


21日に、新シングル〈Overnight〉をリリースしたパーセルズ。
フランスの大人気エレクトロニクスデュオ、ダフト・パンク(Duft Punk)とのコラボレーションである。
どことなくレトロな感覚と、新しいサウンドの融合が面白い。

悲しき歌 Chanson triste

Chanson triste
                           Jean Lahor

Dans ton coeur dort un clair de lune,
Un doux clair de lune d'été,
Et pour fuir la vie importune,
Je me noierai dans ta clarté.

J'oublierai les douleurs passées,
Mon amour,quand tu berceras
Mon triste coeur et mes pensées
Dans le calme aimant de tes bras.

Tu prendras ma tête malade,
Oh! quelquefois,sur tes genoux,
Et lui diras une ballade
Qui semblera parler de nous;

Et dans tes yeux pleins de tristesse,
Dans tes yeux alors je boirai
Tant de baisers et de tendresses
Que peut-être je guérirai.



〈訳詩〉


悲しき歌
                    ジャン・ラオール


きみの心に眠る月明かり
やさしい夏の月明かり
生きるわずらわしさから逃れて
きみの光に溺れよう

過ぎた苦しみは忘れられる
恋人よ きみが癒してくれるとき
この悲しみと物思いは
きみの腕の  静けさに抱かれる

この病んだ頭を腕に抱いて
そう  ときどきは  膝の上に寝かせ
きみは昔の歌を歌ってくれる
わたしたちのことを語っているような

悲しみに満ちたきみの眼から
きみの眼から わたしは飲む
幾たびものくちづけ たくさんのやさしさ
それできっと 癒されるだろう 


---------------------------------------------------
ジャン・ラオールの詩で、アンリ・デュパルク(Henri Duparc)の曲が最もよく知られる。彼の最初期の作品で、20歳の時に作られた。

季節を歌った詩ではないものの、夏の日の詩だと分かる。
のきんと冴えた白い月というより、高度の低い、あのまろやかな月。
俳句には、 夏の月 という季語に、 月凉し という副題がある。
炎天のなかで病める身と心に、おだやかな夜は嬉しい。


RARE! LIVE IN 1961 Nicolai Gedda sings CHANSON TRISTE by Duparc

今年2017年の1月に亡くなったテノール、ニコライ・ゲッダの録音。
デュパルクの他の多くの歌曲がそうであるように、〈悲しき歌〉も高声用が原調で、
テノールに歌われることを想定していると思われる。
楽譜を見ると、速度の指示や強弱の指示がけっこう細かい。
表現を演奏者に委ねるタイプの作曲家もいるが、彼は演奏してほしい音楽のヴィジョンが明確にあった人なのだろう。




象と横浜フランス月間

 

f:id:EnakCarsage:20170616173718j:plain

横浜は、出張で度々訪れる。
昨日は関内方面へ出張→今日午前休だったので、そのまま宿泊、昼頃まで近辺を散策することに。




www.zounohana.com

今日は象の鼻テラスへ。
象の鼻、すなわち大さん橋付近に位置する。さしずめ象のハナクソ小鼻的位置か。赤レンガ倉庫も近い。

f:id:EnakCarsage:20170616173806j:plain

飲食物をオーダーしなくても座席を利用することができるが、せっかくなので、おそらく名物なのであろうゾウノハナソフトクリーム(¥400)を注文。



店員「左にずれて象さんの前でお待ちください」



ファッ!?



f:id:EnakCarsage:20170616173843j:plain



どうやらこの象のことらしい。

こいつス○ーコインズで見たぞ。

 

そしてほどなくして、ソフトクリームの象とご対面。

f:id:EnakCarsage:20170616173915j:plain

 

この猛暑で鼻先が溶ける。

撮影はスピード勝負。

 

f:id:EnakCarsage:20170616173937j:plain

 

昨日から「横浜フランス月間2017」が開幕したそうで、象の鼻テラスでも展示がある。
題して「サラヴァレーベルの50年」。


レトロなフランス映画の音楽がゆったりと流れ、海辺を臨むテラスの雰囲気に不思議となじむ。

f:id:EnakCarsage:20170616174024j:plain

サラヴァの設立者ピエール・バルーといえば、昨年の暮れに亡くなったばかり。
今も根強いファンがいるようで、熱心に展示された写真を眺めている方もいた。

 

 

場所柄、土日は混むかも。
調べてみると、横浜フランス月間として7月の中頃まで、同市内各地でフランスにまつわる様々なイベントがあるのだとか。横浜、近いうちに再訪できることを願いつつ。

www.institutfrancais.jp