単声書簡

個人という灯台から

ロウリーズ・ザ・プライムリブでランチ!

ロウリーズ・ザ・プライムリブ 東京(Lawry's The Prime Rib, Tokyo)はかつて赤坂にあったが、2014年に恵比寿ガーデンプレイスの地下2階に移転した。

 

先日、ランチで訪れた。
大きなローストビーフと新鮮なサラダバー。
エネルギーチャージには最高のお店。
それからお店の方のサービスが素晴らしく、常に一席一席目が行き届いていて、笑顔で優しい対応に心も晴れやかになる。

 

以下はロウリーズのランチ、行ってみたい!という方への簡単なQ&A。

 

 

Q.予約しなきゃダメ?
A.予約が望ましい。
私は予約せずに行ったが、時間がやや遅め(13時過ぎ)だったこともあり、15分ほど待つことに。
320席という広さがありながら、平日でも混んでいるときは混んでいる。待たずに行きたい!というのであれば予約がおすすめ。団体ならランチでも要予約。

 

Q.一人でもいい?
A.お一人様は少ないけど、大丈夫。
ランチは大人なカップルと家族連れが多く、若い社会人の同窓会的な人たちなどもいて、様々。バースデーサプライズが1日で3件も。
一人でいたのは私自身くらいだったかもしれないが、お店の方々のサービスが実に細やかで懇切丁寧なので、一人でも浮くようなことはない。お一人様慣れしていれば余裕。

 

Q.ドレスコードあるの?
A.ホテルの朝食レベル。
ジャージとかペラペラビーサンとかでなければ大丈夫かと(笑)デニムでもハーフパンツでも。つまり恵比寿ガーデンプレイスを歩ける格好であればOK。

 


という感じで、ランチはカジュアルに入れる。それでいて素敵なサービス。

 

 

カット別、グラム数はこちら。

 

ランチカット ¥3,000 約80g
トーキョーカット ¥4,000 約120g
カリフォルニアカット ¥5,000 約180g
イングリッシュカット ¥5,600 約240g
ロウリーズカット ¥6,900 約300g
ダイヤモンド・ジム・ブレーディカット ¥9,600 約500g強

 

 

少食の方はともかく、どうせ食べるならランチカットより大きいものを。なんたって、
ランチカットは吉牛の並より肉の量が少ない。
けして量がものを言う話ではない。が、
吉牛の並より量が少ない。
それをどう取るか。

 

ちなみに吉野家の牛丼、肉の量はそれぞれ

 

並盛 85g
大盛 110g
特盛 170g

 

である。
比較するとちょっと、むなしいぜ。


ちなみに私が食べたのはこちら

f:id:EnakCarsage:20160903091844j:image

イングリッシュカット。
薄切りなので見た目で軽くいけそうと思ったが、相当な重量であった。

 

赤坂にあった頃はサントリーホールのコンサート帰りに、という方も多かったのでは。
恵比寿ガーデンプレイス内にできたことで、家族連れも行きやすくなったのかもしれない。

 

ロウリーズ・ザ・プライムリ

http://www.lawrys.jp