単声書簡

個人という灯台から

サイレント・ヌーン(沈黙の正午) Silent Noon

Silent Noon

                         Dante Gabriel Rosetti

 


Your hands lie open in the long fresh grass,
The finger-points look through like rosy blooms:
Your eyes smile peace. The pasture gleams and glooms
'Neath billowing clouds that scatter and amass.
All round our nest, far as the eye can pass,
Are golden kingcup fields with silver edge
Where the cow-parsley skirts the hawthorn hedge.
'Tis visible silence, still as the hour glass.

 

Deep in the sunsearched growths the dragon-fly
Hangs like a blue thread loosened from the sky: 
So this winged hour is dropt to us from above.
Oh! clasp we to our hearts, for deathless dower,
This close-companioned inarticulate hour
When twofold silence was the song of love.

 

 

 

〈訳詩〉

 

サイレント・ヌーン

                              D.G. ロセッティ

 


みずみずしい茂みに投げられたきみの腕
花ひらいた薔薇のように透きとおるその指先
きみの目はやさしく笑う 草むらは明るみ また翳る
散ってはあつまり うねる雲の下
わたしたちの巣の周りは 見渡すかぎり
銀色に縁どられた 立金花の群生
芍の花の絡まった 山査子の生け垣
砂時計のようにしんとした 目に映る沈黙

 

まぶしい陽の光のなかを 蜻蛉が羽ばたく
空から紐とかれた青い糸のように
時の翼がわたしたちにも降りてくる
おお 心に刻もう 絶えることのない天からの贈りもの
誰にも言わぬ また言い知れぬ時間
二人の沈黙という 愛の歌を

 

 


------------------------------

詩集〈生命の家〉“The House of Life”より。
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは、ラファエル前派の画家としても知られる。天から二物を与えられた人もいるものである。

f:id:EnakCarsage:20160907095422j:image

こちらはロセッティの代表作、〈プロセルピナ〉。
蔦の繊細さや女性の肌の透明な質感は、〈サイレント・ヌーン〉に描かれた世界に似た面がある。詩においても絵画においても、一貫した美へのまなざしを感じる。

 

ヴォーン=ウィリアムズ(Ralph Vaughan=Williams, 1872-1958)が作曲している。
英国歌曲屈指の名曲だ。


Ian Bostridge sings "Silent Noon" from "The English Songbook

いわゆる歌曲で、10万再生超えはあまりない(とても有名なものでないかぎり)。いかにこの曲が、そしてイアン・ボストリッジが人気であるか。

 

美しい晩夏に、野を歩きながら聴いてみるのも一興。