単声書簡

個人という灯台から

ラ・ブラスリー(アンスティチュ・フランセ東京)でランチ!

アンスティチュ・フランセ(Institut Français)といえば、フランス語の語学学校、あるいは映画祭などを主催する文化センターとして想像される方もいらっしゃるだろう。

我々が“フランス文化”と聞いて真っ先に思い出すのは、やはり料理・美食ではないだろうか(というのは自分が食いしんぼうだからか)。

アンスティチュ・フランセ東京(Institut Français du Japon - Tokyo, 旧:東京日仏学院)に併設されたレストラン、ラ・ブラスリー(La Brasserie)では、本格的なフランス料理を楽しむことができる。

 

飯田橋駅からJR総武線では西口徒歩7分
西口である。
方角的にはどう考えても南側にあるのだが西口。
隅田川に沿って外堀通りを南下し、理科大やらファミマやらを通り過ぎて小道に入る

 

 

f:id:EnakCarsage:20170522162956j:image

アンスティチュ・フランセ東京の敷地内にあるA la Bonne Mangeoire。
すてきな巣箱、ってところか。
人が近づくと飛び去ってしまうのだが、大きい鳥と小さい鳥が仲良くごはんしていた。
鳥たちもフランス語を話すのだろうか。

お店に着くとフランス人らしきギャルソンが「こんにちは!」と流暢な発音で迎えてくれる。フランス語が話せなくても大丈夫。日本語でおk
でも調子づいて「Merci, monsieur!」とか言っちゃうと、そこからはフランス語で話しかけてくる。Sympaなサービス精神よ。

 

ランチメニューは
◆ Menu Parisien 1,900円
前菜+主菜+コーヒーor紅茶
主菜+デザート+コーヒーor紅茶
◆ Menu Détente 2,400円
前菜+主菜+デザート+コーヒーor紅茶
◆ Menu Gourmand 2,900円
前菜+スープ+主菜+デザート+コーヒーor紅茶

火〜金曜日は1,000円のMenu Expressも。

 

なぜ一番安くてシンプルなメニューがParisienなんだろう、やはり忙しいパリジャン的イメージだろうか。それともケチ?(違う)

今回は“くつろぎ”を意味するDétenteをオーダー。
ちなみに「デトント」と読む。
ムニュ・デトント シルヴプレ。


前菜はスープに。
とうもろこしの冷たいスープ。

f:id:EnakCarsage:20170522162806j:image

これ、本当に旨い。塩気と甘みのバランスが絶妙。丁寧に濾されていて舌触りもなめらかで、とうもろこしの自然な甘みが引き立つ。

 

主菜は子羊のロースト、粒マスタードソースで。

f:id:EnakCarsage:20170522162828j:image

臭みがない!
正確に言えば羊特有の匂いはあるのだが、ソースの香りと合わさって、むしろ“隠されたいい香り”になっている。料理の不思議だ。

 

デザートはパイナップルのタルトはちみつアイス添え。

f:id:EnakCarsage:20170522162902j:image

はちみつアイスって言葉の響きだけでも恋のように甘い。あとパイナップルのタルトって意外とない。季節だね。
ピスタチオが良アクセント。
 

美味づくし。 

というわけで以下、ラ・ブラスリーでランチしたい!な方のためのQ&A。

 

Q.ランチ、混雑してる?
A.2人以上なら基本予約が良い。
ランチは11:45〜だが、11:30にはお店の前で待つ人がチラホラ。平日だろうとかなり混んでいるので予約するのが確実。団体なら予約マスト。

 

Q.一人でも大丈夫?
A.余裕!
一人の方も多い。ワインだけ頼んで本を読んでいる先生とか、ずっとSkypeの相手と話し合ってる先生(実質2名様じゃね?)とか、みんな思い思いに過ごしている。

 

Q.フランス語なんてシラーヌ・ド・ゾンゼーヌ。
A.ダイジョーヴ・アザブジュヴァン。
上記の通り、まったく問題ない。
でも、挨拶だけでもやりとりできると楽しいですよ。

 

Q.人気があるものは?
A.いつも誰かが飲んでるのはシードル。
なぜか、いつ行ってもシードルをボトルでオーダーする女性の団体様がいらっしゃる。りんごのお酒。
本当にいつもいっつも、昼シードラーがいる。人気なのだろう。
自分はまだ飲んだことがないので、感想等は言えない。

 

Q.混んでて入れなかっただー!
A.カフェがあるよ。
アンスティチュ・フランセ東京館内1階に、ル・カフェ(Le Café)がある。
ここのキッシュやケーキ、サンドイッチもブラスリーのパティシエが作っていて、かなり美味しい、しかもリーズナブル。
個人的には、ある意味こっちの方が本場っぽいと思う。
余談だが、ブラスリーは女性名詞なのでラ・ブラスリーだけどカフェは男性名詞なのでル・カフェ。なんでなん。

 


アンスティチュ・フランセ東京のラ・ブラスリー、是非一度足を運ばれては。

 

アンスティチュ・フランセ東京(旧:東京日仏学院)

http://www.institutfrancais.jp/tokyo