単声書簡

個人という灯台から

旅へのいざない L'Invitation au voyage

L'Invitation au voyage

                         Charles Baudelaire

Mon enfant, ma soeur,
Songe à la douceur
D'aller là-bas vivre ensemble!
Aimer à loisir,
Aimer et mourir
Au pays qui te ressemble!
Les soleils mouillés
De ces ciels brouillés
Pour mon esprit ont les charmes
Si mystérieux
De tes traîtres yeux,
Brillant à travers leurs larmes.

Là, tout n'est qu'ordre et beauté,
Luxe, calme et volupté.

 

Des meubles luisants,
Polis par les ans,
Décoreraient notre chambre;
Les plus rares fleurs
Mêlant leurs odeurs
Aux vagues senteurs de l'ambre,
Les riches plafonds,
Les miroirs profonds,
La splendeur orientale,
Tout y parlerait
À l'âme en secret
Sa douce langue natale.

Là, tout n'est qu'ordre et beauté,
Luxe, calme et volupté.

 

Vois sur ces canaux
Dormir ces vaisseaux
Dont l'humeur est vagabonde;
C'est pour assouvir
Ton moindre désir
Qu'ils viennent du bout du monde.
— Les soleils couchants
Revêtent les champs,
Les canaux, la ville entière,
D'hyacinthe et d'or;
Le monde s'endort
Dans une chaude lumière.

Là, tout n'est qu'ordre et beauté,
Luxe, calme et volupté.

 

〈訳詩〉

 

旅へのいざない

                    シャルル・ボードレール

愛しい女よ
愉しいことを考えよう
あの向こうで 一緒に生きること
心のままに愛し合い
愛し合って死ぬ
お前に似た あの国で
霧のかすむ空に
濡れた太陽が
この心を夢中にさせる
その神秘
裏切りの宿るお前の瞳が
涙を透かしてきらめくような

ここでは 秩序と美がすべて
豪奢 静寂 そして逸楽


歳月が磨きあげた
つややかな家具は
二人の寝室を飾る
めずらしい花々の
匂いにまじって
龍涎の香りが燻る
贅を尽くした天井
奥行きの深い鏡
オリエントの輝き
すべては語りかける
この魂に そっと
生まれた国の 優しい言葉を

ここでは 秩序と美がすべて
豪奢 静寂 そして逸楽

 

見てごらん 運河の上に
眠るあの舟を
さすらいを夢みて眠る舟は
お前のささやかな
欲望を満たすために
世界の果てからやって来る
  ー沈む夕日の光が
野を 畑を
運河を 都会の隅々を
金色に ヒヤシンスの色に染める
そして世界は眠りにつく
熱い光につつまれながら

ここでは 秩序と美がすべて
豪奢 静寂 そして逸楽


------------------------------

ボードレールの〈旅へのいざない〉には、シャブリエやロリナ(Maurice Rollinat)などといった作曲家が曲を書いているが、
最もよく知られ、かつ歌曲としての完成度が高いのは、やはりアンリ・デュパルク(Henri Duparc)によるものだろう。
デュパルクは作曲にあたり2節をカットした。2節は理想の国の様子がエキゾチックに描かれている。“あの国”とは、当時ボードレールと恋愛関係にあったマリー・ドーブランと一緒に行くことを夢見ていたオランダのことだといわれている。古くからアジアとの外交があるオランダの、オリエントの香りに思いを馳せていたのだろうか。デュパルクは2節をあえて削ったことで、何処へ向かうのかわからない神秘的な雰囲気を生み出した。

この詩から着想を得た絵画に、マティスの〈豪奢、静寂、逸楽〉がある。
金色とヒヤシンスの色の光に包まれた、官能的な美の理想郷。

f:id:EnakCarsage:20170528194753j:plain

 

 


Emmanuel CHABRIER - L'invitation au voyage (Charles Baudelaire) - Bruno LAPLANTE

デュパルクの作品に比べるとあまり演奏されることのないシャブリエの作品。
恋人に語りかけるような熱さと優しさに満ちた曲。


Gérard Souzay, vidéo "Invitation au voyage" 1960's footage.

ジェラール・スゼーによる演奏。
映像が残っているのは貴重では。
無駄な動きがなく、自然に歌っている印象。

 


Camille Maurane: L'Invitation au voyage by Duparc
こちらはカミーユ・モラーヌ。
端正で、言葉のひとつひとつが明晰な演奏は、
フランス語の持つ響き自体の美を味わえる。