単声書簡

個人という灯台から

フィド、フィド Fido, Fido

Fido, Fido

                   Nino (Michel Veber)

Fido, Fido, le chien Fido
Est un chien vraiment ridicule;
On n'sait jamais s'il est su' l'dos,
Ni s'il avance ou s'il recule.
Il perd son poil et ses babines,
Ses oreill's traînent en lambeaux;
Quand il pleut il met des bottines,
Une casquett' quand il fait beau.

Pour lui donner un coup de fer,
On fait venir le praticien;
Et comme il ne voit plus très clair
On l'a counduit chez l'opticien.
Et lorsqu'il s'en va-t-à la chasse
Il est forcé de mettr' des verres.
Les perdreaux rient, les pies l'agacent,
Et les lapins se roul'nt par terre.

Fido, Fido, le chien Fido
Est un chien vraiment ridicule;
On n'sait jamais s'il est su' l'dos,
Ni s'il avance ou s'il recule.

 

 

〈訳詩〉

 

フィド、フィド
                  ニーノ (ミシェル・ヴェベール)

 

フィド、フィド、犬のフィド
ほんとにおバカなワンちゃんさ
こいつは腹を見せて寝っ転がると
前も後ろもわからない
毛も唇もわからなくなって
ぼろぼろの耳を上げている
雨が降ったら長靴はいて
晴れたらちっちゃい帽子をかぶる

 

そいつの頭を鉄の棒でぶん殴るために
医者を連れてこなきゃいけない
もうロクに見えてないんだから
眼鏡屋も連れてこないと
ハンティングに行くときは
眼鏡をかけさせられる
ウズラに笑われ カササギにいじられ
ウサギはくるくる回ってる

 

フィド、フィド、犬のフィド
ほんとにおバカなワンちゃんさ
こいつは腹を見せて寝っ転がると
前も後ろもわからない



------------------------------

マニュエル・ローゼンタール(ロザンタルとも、Manuel Rosenthal,1904-2003)の歌曲〈ムッシュー・ブルーの歌 Chansons du Monsieur Bleu〉第3曲。
この“ムッシュー・ブルー”とはローゼンタール自身のことで、明るいブルーのスーツを好んで身に着けていたそう。
ローゼンタールは指揮者として有名だが、レジーヌ・クレスパンからパトリシア・プティボンまで、フランスのさまざまな歌手がリサイタルに取り上げていることから、本国では彼の歌曲もけっこう人気なのではと思われる。この〈フィド、フィド〉のようなコミカルな曲が楽しい。