単声書簡

個人という灯台から

Mexico (Luis Mariano)

Mexico

On a chanté les Parisiennes,
Leurs petits nez et leurs chapeaux
On a chanté les Madrilènes
Qui vont aux arènes
Pour le toréro.
On prétend que les Norvégiennes,
Fille du Nord, ont le sang chaud
Et bien que les Américaines
Soient les souveraines
Du Monde Nouveau,
On oublie tout.
Sous le beau ciel de Mexico
On devient fou,
Au son des rythmes tropicaux...
Le seul désir qui vous entraîne
Dès qu'on a quitté le bateau,
C'est de goûter une semaine
L'aventure mexicaine
Au soleil de Mexico...

Mexico, Mexico...
Sous ton soleil qui chante,
Le temps paraît trop court
Pour goûter au bonheur de chaque jour
Mexico, Mexico...
Tes femmes sont ardentes
Et tu seras toujours
Le Paradis des cœurs
Et de l'Amour.

Une aventure mexicaine
Sous le soleil de Mexico,
Ça dure à  peine une semaine,
Mais quelle semaine
Et quel crescendo...
Le premier soir on se promène,
On danse un tendre boléro,
Puis le deuxième on se déchaine,
Plus rien ne vous freine,
On part au galop...
On oublie tout.
Sous le beau ciel de Mexico,
On devient fou,
Au son des rythmes tropicaux...
Si vous avez un jour la veine
De pouvoir prendre le bateau,
Allez goûter une semaine
A l'aventure mexicaine
Au soleil de Mexico... 



〈歌詞和訳〉

メキシコ
 

俺たちは歌う パリジェンヌを
小さい帽子をかぶった小さい鼻の娘たちだと
マドリードの女を
闘牛士を見に
闘技場に行く女のことだと
ノルウェーの女が言うには
北に住む女の子の心は熱い
でもアメリカの女には
敵わないんだって
新世界では
みんなすべてを忘れる
メキシコのキレイな空の下では
誰もが狂っちまうのさ
トロピカルなリズムに乗って
みんなでイカれる
君を連れていくことだけが望みさ
ボートを出て
楽しい1週間の
メキシコへ恋の火遊び
メキシコの太陽の下

 

メキシコ、メキシコ
日差しのなかで歌えば
時はあっという間
毎日が幸せ
メキシコ、メキシコ
君の女もアツくなる
君はいつだって
愛と心の
楽園になれる


メキシコへ恋の火遊び
メキシコの太陽の下
ほんの1週間だけの
だけどその1週間は
クレッシェンドするもの

初めの夜は
優しいボレロを踊る
そして次からは
止まることのない
ギャロップが始まる
みんなすべてを忘れる
メキシコのキレイな空の下では
誰もが狂っちまうのさ
トロピカルなリズムに乗って
君にその気があって
ボートを漕いでいけるなら
1週間行くといい
メキシコへ恋の火遊び
メキシコの太陽の下


------------------------------

ルイス・マリアーノ(Luis Mariano, 1914-1970)はスペイン・バスク地方の出身でフランスで活躍したオペレッタテノール歌手、シャンソン界のスターである。
〈Mexico メキシコ〉は、〈Le Chanteur de Mexico メキシコの名歌手〉というオペレッタのなかの1曲。
ラテン的な明るいリズムとロマンティックな転調が楽しい。


Luis Mariano "Le chanteur de Mexico" | Archive INA
(一部上記の歌詞と異なる箇所あり)