単声書簡

個人という灯台から

オハヨー「クリームのせ ジャージー牛乳プリン」は何が変わったのか

酒も煙草も一切しない私が好んで食べるもののひとつが、このオハヨーの「クリームのせ ジャージー牛乳プリン」である。

 

この「クリームのせ ジャージー牛乳プリン」、久しぶりに見たらパッケージが変わっているではないか。

f:id:EnakCarsage:20171009001344j:image

右が新パッケージ。

 

まずohayo royal jerseyのロゴが牛から王冠になっている。

royalを強調しているのだろうか。嗚呼、人の権威のために牛は屠られた。なんて言い方をしてはいけない。

 

新しく目につくのは「濃厚UP クリームのせ」のシール。

ということは名称は「ジャージー牛乳プリン」になるのか。元々そうなのか?

そして果たして本当に濃厚UPしているのか...は、これからいただくことにして。

 

f:id:EnakCarsage:20171009002606j:image

 

 成分はほぼ変わってないが、注目はこの表記の変化。

 

旧:  植物性クリーム(植物油脂、乳製品、その他)

新:  乳等を主要原料とする食品

 

 

 

なんだそれ。

このイメージのしようがないざっくりした原材料の正体は何なのか。

カロリーは旧:165kcal、新:162kcalと僅かに下がった。

この 乳等を主要原料とする食品 のせいなのか。

 

 

 

蓋を開けると...。

f:id:EnakCarsage:20171009003455j:image

おわかりいただけるだろうか。

新しい方が、少し黄色がかっている。

(光の加減ではない)

 

 

 

肝心の味。

 

新しい方が、やや塩味が強い。

そしてほんの少し固い。それでも一般的なプリンよりは柔らかい部類に入るのだが、旧「クリームのせ ジャージー牛乳プリン」のあのほぼミルクなミルキーさ、よりはプリン寄りってところか。

 

濃厚UPしているか?

 

変わらない。

そもそも濃厚UPって何なのだろうか。

濃度UPとか厚みUPならまだわかるが、

濃厚な感じが増えたかといわれると、正直変わらない。

 

もう食わねえ!というほどの劣化ではないが、ちょっと食感は落ちたかなという感じ。

まあどうしても我々は慣れた舌ざわりを欲しがる性なので、そこは致し方ない。

 

全国の「クリームのせ ジャージー牛乳プリン」のために、今夜も牧場で眠るオハヨーロイヤルジャージーたちに感謝しながら今後もいただく。美しい星をその目に映し、いい夢を見て生きろよ、牛たち。